ソリューション分析-東邦化工建設-

トップページに戻る-東邦化工建設


Link:

tohotenax

帝人エンジニアリング株式会社

帝人エコサイエンス株式会社

東邦機械工業

材料・製品等の分析試験及び評価

SEM-東邦化工建設-

各種材料や物質などの分析、試験および評価を優秀な人材と高度な機器により行っています。記載されていない分析についても御相談に応じています。

材料・製品等の分析-東邦化工建設-

■1.形態観察

光学顕微鏡法 ~1500倍。

各種材料の表面や断面の観察と写真撮影。

直接写真撮影
 1検体 10,000円

前処理などその他事項については別途応談。

走査型電子顕微鏡法 30~300000倍。

ゴム、プラスチック、金属などの表面や断(破)面の観察や微小物の解析に適している。
同時分析としての電子プローブ微小部分析法で、元素の定性・定量分析が可能。

直接写真撮影。
 高分解能SEM
  1検体 30,000円
 低真空型SEM
  1検体 25,000円

試料検体数による割引などその他事項については別途応談。



■2.元素分析

化学分析法
 重量分析または容量分析
ppm~%レベルの定量分析。
定量下限値は数ppm。
有効桁数は最大3桁。
比較的多量の試料に適すが、項目によっては不可能な場合がある。
2検体まで
 25,000円/項目

3検体以上
 1検体追加毎に5,000円/項目を追加。

ただし、前処理料を含む。

吸光光度分析法 ppm~レベルの定量分析。
定量下限値は数ppm。
有効桁数は最大2桁。
比較的多量の試料に適すが、項目によっては不可能な場合がある。
1検体
 10,000円/項目。

2検体以上
 1検体追加毎に5,000円/項目を追加。

ただし、前処理料を含む。

原子吸光法
(フレーム・電気加熱)
および
炎光光度分析法
ppb,ppm~%レベルの定量分析。
定量下限値はフレームの場合、数ppm。フレームレスの場合、数ppb。
有効桁数は最大2桁。
微量の試料に適し、多種類の元素について測定可能だが、元素によっては不可能な場合がある。
水溶性試料
 1検体 5,000円/項目(フレーム)
     7,000円/項目(フレームレス)

油溶性および固体試料
 上記金額に前処理料として1検体5,000円追加

(注)
還元気化法や水素化物発生法を用い特殊元素を測定する場合には1検体7,000円/項目。

ICP発光分光分析法 70元素の定性分析。
システム定数を用いたオーダー分析が可能。
1検体50,000円。
ただし、フレーム原子吸光法と同様前処理が必要な場合には5,000円追加。
ppb,ppm~%レベルの定量分析。
定量下限値は数ppb,ppm。
有効桁数は最大2桁。
金属合金などの同時元素測定に適し、さらに微量の試料の多項目元素の同時測定に適すが、項目によっては不可能な場合がある。
水溶性試料
 2元素までは12,000円/検体。
 3元素以上の測定には1元素追加毎に上記金額に5,000円/検体を追加。

油溶性および固体試料
 上記金額に前処理料として1検体5,000円追加。

(注)
水素化物発生法を用いて特殊元素を測定する場合には、1検体・1項目10,000円。

ICP質量分析法 定性分析。
システム定数を用いたオーダー分析が可能。(半定量)
1検体**,***円。
ただし、フレーム原子吸光法と同様前処理が必要な場合には*,***円追加。
ppt,ppb~%レベルの定量分析。
定量下限値は数ppt,ppb。
有効桁数は最大2桁。
金属合金などの同時元素測定に適し、さらに微量の試料の多項目元素の同時測定に適すが、項目によっては不可能な場合がある。
水溶性試料
 2元素までは**,***円/検体。
 3元素以上の測定には1元素追加毎に上記金額に*,***円/検体を追加。

油溶性および固体試料
 上記金額に前処理料として1検体*,***円追加。

電子プローブ
微小部分析法
元素周期律表におけるB~Uの定性分析およびNa~Uの定量分析(%レベル)。
極少量試料に適す。
ただし、定量値はシステム定数を用いた検出可能な元素の重量比%である。
1測定10,000円。

ただし、前処理が必要な場合、
前処理料1検体5,000円。

蛍光X線分析法 元素周期律表におけるF~Npの定性分析および定量分析(オーダー分析)。
比較的多量の試料に適す。
ただし、定量値はシステム定数を用いた検出可能な元素の重量比%である。検量線を作成し、より正確な定量を行う場合には別途応談。
1測定10,000円。

ただし、前処理が必要な場合、
前処理料1検体5,000円。

検量線を作成し定量を行う場合、別途応談。(100,000円/元素より。)

元素分析法 CHNS-Oレコーダーによる%レベルの定量法。
試料を燃焼し、生成する二酸化炭素、水、窒素、二酸化硫黄、一酸化炭素を定量する。燃焼の際にこれら形態を取らない物質については測定不可能。
CHNの2元素まで
 10,000円/検体

CHNの3元素
 15,000円/検体

Sを含むCHNSの4元素まで
 20,000円/検体

Oの1元素
 10,000円/検体

イオンクロマトグラフ法 陰イオン、陽イオンのppmレベルの定量分析。
定量下限値は数ppm。
有効桁数は最大2桁。
水溶性の陰イオン、陽イオンにつき
各1検体20,000円。

前処理等が必要な試料については
さらに10,000円追加。

F-,Cl-,NO2-,Br-,NO3-,
PO43-,SO42-,Li+,Na+
,NH4+,K+,Mg2+,Ca2+
以外の項目については別途応談。



■3.化学・物理構造解析

ガスクロマトグラフ法
 TCD,FID,FPD,FTD,
 ECD,PYR,MSD

高速液体クロマトグラフ法
 UV-VIS,RI,PDA

ゲル浸透クロマトグラフ法

クロマトグラフ法による分離分析。
測定対象物質の特性や濃度に応じて適切な検出器
を使用し、分析します。
また、ゲル浸透クロマトグラフ法では高分子化合物の分子量を測定することが可能です。
測定対象物質が既知で、
通常のクロマトグラフ分析の場合
 20,000円/検体。

GC-MSによる物質の定性・定量分析の場合
 50,000円/検体より。

試料検体数による割引や特殊分離管を使用するなど、その他事項について詳細は別途応談。

赤外線吸収スペクトル法
 KBr,KRS5,熱分解法,顕微鏡法
有機化合物における構造分析や物質の定性分析ができる(無機化合物に関しても一部可能)。
さらに、顕微鏡法を使用することにより微少部の測定が無破壊で分析可能です。
スペクトル測定
 10,000円/スペクトル。

ライブラリーなどによるスペクトル解析には追加料金(5,000~10,000円/スペクトル)を頂きます。

熱分析
 TG-DTA,DSC,TMA
TG-DTA
測定範囲:室温~1500℃
測定雰囲気:空気、窒素、酸素
昇温速度:1℃/hr~50℃/min

DSC
測定範囲:-150~750℃
測定雰囲気:空気、窒素、酸素
昇温速度:~100℃/min

TMA
測定範囲:-150~600℃
測定雰囲気:空気、窒素、酸素
測定変位:±0.5~±2500μm
 (一定変位、任意変位)
測定荷重:±0.1~500g
 (一定荷重、周期荷重、任意荷重)

圧縮荷重、
ベネストレーション、
引っ張り、
粘弾性(SS)、
曲げ、
キュア

直接測定
 1検体 30,000円

前処理などその他事項については別途応談。

X線回折 物質の定性・定量分析
結晶サイズ、結晶化度、面間隔、
配向度、小角散乱の測定が可能。
1検体 100,000円より。

前処理などその他事項については別途応談。

X線光電子分光法 H~Uの定性・定量分析
表面の数0.1nmの深さまでの分析が可能。
1検体 100,000円より。

前処理などその他事項については別途応談。

粒度分布試験法 レーザー式粒度分布試験装置による0.02~2800μmの測定が可能。 水系の場合
1検体 20,000円。

その他溶液の場合には不可能な場合があります。

カールフィッシャー
水分測定法
水分の化学分析法。
検出範囲は10μg~100mg
1検体 10,000円。